SHUICHI INOHANA
 多領域芸術作家  TOP  BIOGRAPHY / PROFILE / CONTEMPORARY ART / FILM / BUTOH / SPONSORSHIP / CONTACT / ENGLISH /JAPANESE


     
   猪鼻 秀一

 多領域芸術作家:映像作家:現代美術作家 :舞踏家

        

 

 1970年生まれ   埼玉県川越市出身

     

15歳、トライアスロン選手であったが映画製作を始める。16歳、映画製作の勉強の為、都内の各種映画館、美術館、自主映画上映会、大学上映会を周る。西武線沿線の早大学祭で今はなき早大映画サークル「かりんとう」の上映会に行った事から高校生ながら早大学の映研に出入りするようになり学生映画、実験映画に目覚める。一般大学に入学するも大学の映研では、映画製作に限界があると感じ実験映画製作を専門的にアカデミックに学びたくなって京都の美大に入り直す。日本実験映画の黎明期を切り開いたパイオニアATG映画監督、批評家、メディア・アーティストの松本俊夫氏に師事。

     

専門分野の映画製作だけでなく移り住んだ京都の文化的風土に大きな影響を受け、20歳より現代美術製作を始める。
現代の日本人の存在論、時間論をテーマとし、東京表具経師内装文化協会の協力を得ながら、主に襖を用いた大型立体作品を製作している。
各種芸術コンペ活動及ぶ展覧会活動、上映会活動を開始。同時にNight Clubingにも目覚める。

        

30歳、世界的な舞踏学校である土方巽記念アスベスト館の映像:現代美術講師としてスカウトされ同校講師を行う傍ら、
同アスベスト館舞台公演映像記録係と映像記録保存アーカイブ企画担当を行う。 ある日、土方巽夫人で舞踏家の元藤あき子氏の稽古風景の撮影中に踊りたい気持ちを抑えきれず、我慢出来なくなり、そのまま舞踏の稽古に参加し始める。舞踏を元藤燁子氏に師事。元藤燁子氏の逝去により
土方巽記念アスベスト館閉館。現在、大野慶人氏に師事。大野一雄舞踏研究所に所属。舞踏家元藤燁子ドキュメンタリー映画を監督製作中。

     

現在、国内外で映像、現代美術、舞踏等の多領域芸術分野の芸術作家活動を行っている。近年は、多領域芸術作家育成教材のプログラム開発を行い、後進の作家育成活動も行っている。黒川紀章中銀カプセルタワー元住人。ユニークな点は、室町時代後期の先祖が1549年武蔵国川越の連馨寺の建立や門前町、城下町の都市開発を行った侍である事から川越の護り神として川越八幡宮と川越まるひろデパート屋上に祀られている。
アニメ「まんが日本昔ばなし」では、相撲好きの狐として登場。現在も毎年6月に川越市内で人気の相撲稲荷奉納相撲大会が盛大に行われている。

     

歴代先祖群の資料が学術研究として保存されていたので調べてみると支配行政、租税、治水、寺子屋経営関係の資料だけでなく歴代先祖の蔵書まで保存されていた。まさかご先祖たちがどんな本を読んでいたのかまで知る事が出来るとは。感動!更に家系を遡り、猪鼻浜名氏の古文書群も獲得。

平安時代後期、近衛天皇を夜な夜な悩ました鵺退治の褒美として遠江国鵺代を賜った源頼政、猪早太。更に遡上し、酒呑童子退治、土蜘蛛退治の源頼光の祖先に至り、世界的にも非常に稀な、物の怪と密接な関わりを持つ一族である事を民俗学、文化人類学的にも自覚し、芸術作家活動にも昇華する事を決意。また、あろう事か大学の後輩から凄惨な複数盗作被害を遭った所以もおそらく先祖群が闘った物の怪たちとの業によるものだと解釈。現在もリアルに魑魅魍魎と関わりを持つ不思議な家系の因果を持っている。